熊本で車を高く売る方法と手順を解説

熊本で廃車を高く売るには

すでに下取査定や買取価格が廃車(0円)という評価の結果が出た場合、それはズバリ査定をしてもらう業者や地域が間違っています

 

例えば、外車のディーラに国産の軽自動車を査定してもらいに行っても、おそらく見向きもされないでしょう。

 

また、沖縄県と北海道では売れる車が異なり、査定金額も大幅に変わります。

 

同じように、年式が古い、走行距離が多い、事故や故障で動かない車は中古車販売店やディーラーで下取りしてもらっても0円評価となります。

 

つまり、商品価値がないと判断されれば査定すらしてもらえず、即答で廃車扱いされます。

 

本当にこの車は売れないのかな~?

壊れているから廃車してもらおう

 

廃車の費用が3万円もかかるのか・・・

そこで、すでに『予想以下の査定結果を受けて廃車をお考えの人』や『思い込みで廃車をお考えの人』に車を高く売る方法と手順を解説していきましょう。

 

ポイント①・・・査定をしてもらう前に相場を知っておく。

 

相場を知っておくことで、希望金額の設定が出来ます。買取業者に無茶な金額を提示すると『これ以上の話はできない』と判断されかねません。相場よりも10万円ほど上から交渉すと良いでしょう。

ポイント②・・・複数の大手買取業者に査定してもらう

 

地元や近隣のディーラーや中古車販売店はその地域の相場で査定価格を出します。しかし、全国的にはその車を欲しがっているお客さんがいるかもしれません。大手ならではのネットワークと査定方法で複数の大手買取業者を競合させましょう。

ポイント③・・・専門の業者を選ぶ

 

国内で人気がなくても、海外で人気がある日本車はたくさんあります。それは年式が古くても、走行距離が多くても、事故や故障で動かなくても関係ありません。平成元年式のカローラなんて驚くほど値が付くこともあるんです。

熊本で車を高く売る手順

以上のように、廃車と評価されても正しい手順を踏むだけで大幅に査定金額が変わります。

相場を知っておく

車の相場を知る方法として【車査定・買取の窓口見積もり】というサイトをおすすめします。

 

複数の業者より査定結果を集計し、最高金額を提示した1社のみを厳選し、その金額をお知らせするというサイトです。

 

何社からもジャンジャン電話が入るわけではありませんので相場を知りたい場合にオススメです。

 

 

大手買取業者で競合させる

全国的に展開している大手買取業者のみが参入している【カービュー】で査定価格を競合させます。

 

地元の業者からの査定価格と全国的の査定価格がここで比較できます。『○○県にお客さんがいます!』という情報も大手だから出来ることです。

 

また、これらの業者はお客さんの情報だけでなく、オートオークションと提携しているため情報量はハンパではありません。

 

carview

 

海外の輸出価格を知る

主に、海外へ輸出をしている【カーネクスト】は年式が古い、走行距離が多い、事故や故障で動かない車をメインに買取しています。

 

もちろん買取保証つき(0円査定はありません)。動かない車でも無料でレッカー引き取りしてくれます。事務手数料もタダでしてくれます。

 

廃車するのにお金が掛かる時代はとっくに終わっているんです。

 

 

 

まとめ

大きく分けて3つの業者から、多くの人は地元買取業者のみ査定をしてもらい、他県や海外でもっと高く売れることを知らずに売却している人がほとんどなのです。

 

 

上記のポイントを踏まえ、3つのサイトから相場を調べるだけで、簡単に最高金額を叩き出すことは出来るんです。

それぞれが違う査定方法と相場情報を持っているため地元⇒全国⇒海外という査定の手順を取れば必ず今までの査定評価より満足いくはずです。

 

そして私が厳選した3つのサイトであれば、しつこい営業や電話などは無い為、女性の方でも気軽に利用できるはずです。ぜひ利用してみてください!

 

 

コラム

軽自動車の総額と道具の調整

車種が売れないと言われているこのご時世。ニューモデル販売台数もハイブリッドを除くという年々減算傾向だ。。。ただし軽自動車は銘銘だ。どうしても受領費の安さが魅力ですから売上は好調を保っている。そんな軽自動車も売上に比例するかのようにニューモデル価格も年々上がっています。その理由に燃費の向上や道具のてんこ盛りさがあげられます。ひと昔前の軽自動車では考えられないほどの道具の良さです。

年々軽自動車の誘惑が登る内側、ユースドカーマーケットはどうでしょう?旧式図案では華奢キーは装備されていなく、古めかしいデーターのナビでは使い物になりません。その反響もあり、軽自動車のユースドカー市価は逆に落ちていくばかりです。。。『ユースドカーで軽自動車を貰うからには、単価をさっと上げてニューモデルをもらえ!』と言われるほどの市価は現在はありません。

1998年齢に軽自動車の性能が修正されてからワゴンR、ムーブ、一生の売上数量は驚異的なものがありました。それまで軽自動車=小さいという概念が無くなり、軽自動車も幅広いという雰囲気が定着しました。バリエーションによっては当時では珍しかった席記録、コラムATの設置もあり再度販売台数が伸びました。

↑これらの軽ワゴンはユースドカー市場でも大活躍し、ニューモデル総額と変わらないほどで市場に出回り、ユースドカー店の主力となっていました。これらの図案はマイナー修正を繰り返しながらも約10通年フルモデルチェンジをせずに販売され、現在では異例の発売タームでした。
古くても軽自動車が売り払えるタイミング

2003年齢ほどから各クリエイターがフルモデルチェンジをし、ますますクリエイター同士のコンペが激化し始めました。

これらの第2年頃軽ワゴンは現在でもユースドカー市場でも手広く見られ丈夫で頑張っていますね。車として所有されている読者も多いことと思います。但し、後でモデルチェンジの時期が早まり、ニューモデルの増大、道具や燃費などの不同が出始めることとなりました。また歴史は10年齢限り経ってある車種が多く無論走行距離もそれなりに走って、内外層の劣化も進んでいます。昨今これらの車種を買取りに出しても売れないのではないでしょうか。。。

『ワン飼主で走行距離が早く、セキュリティ車種だ』とアピールしても今の軽自動車にはとうてい太刀打ちできません。まずは今現在これらの車種が競売でいくらくらいで取引されているのか見てみましょう。(隠し立て)

某競売球場を通じて最新の落札確認だ。年式はH15年齢程度だ。階級走行距離は8万~9万kmですね。ほとんどが不運車種(R条目)だ。気になる落札総額は3万円ほどか。。。と思いきや、6万2千円、6万4千円、7万円、10万円!10万2千円!!といった意外なほどに高いのです!!

これといったセールスポイントがないものの、これほどの金額が張り付くのであれば廃車とお考えの読者も買取裁断に押し出す甲斐ありですね。勿論売り渡すタイミングやタイミングも関係があります。ユースドカー市場では4月~5月はよく実践がありません。年の暮れに車種の売却が集中し初めて落ち着くタイミングでもあります。6月以降にエアコンの傷やオーバーヒートなど傷が頻出するタイミングに対してユースドカーマーケットが活発になるタイミングでもあります。6月は車種が売れないというタイミングは本当は仕入れタイミングという感想もあるのです。そういったタイミングに買取に出せば勿論今まで以上の割高裁断は間違いありません。

 

カテゴリ:未分類 

ページの先頭へ