熊本で車をリサイクルと中古部品の相場

熊本で廃車を高く売るならココだ!!

熊本で車をリサイクルと中古部品の相場

熊本で車をリサイクルと中古部品の相場

熊本県で車を廃車したのち、その車の多くはリサイクルとして再利用されます。主に鉄、アルミ、プラスチックなどに分類されますが、車種によっては部品を中古部品として転売する業者も多いのです。しかし、同じ車種の車でも年式や型式、グレードによって部品が異なることが多い為、適合部品が必ずしもあるとは限りません。それにより中古部品を取り扱う業者は全国的に情報を共有し、一括で部品の在庫の有無を確認できるシステムを導入している業者も多くなっています。

 

例えば、熊本で事故や故障により部品の交換が必要となった場合、新品部品を使って修理するのか、中古部品を使って修理するのかでその修理代金は大きく差が出ますので、ほとんどの人は中古部品を使って修理します。その中古部品が熊本県内にはなく北海道で見つかるなんてこともあるのです。

 

ただ、その部品がないと話になりません。ですから熊本県に限らず廃車買取り業者は車を完全にスクラップするよりもリサイクル部品としてバラ売りする業者が増えてきているのです。ということは、廃車と言ってもスクラップの金額とリサイクルの金額は当然リサイクルの金額が高くなるのです。一般的にスクラップの金額が1500ccクラスの車で…約20000円に対しリサイクルとしての金額は車種によっては10万円を超えることも実際にあるのです。

 

カローラやヴィッツなどのリサイクル部品の相場

ボンネット…5000円

フェンダー、ドア…3000円

足回り…5000円/1本

マフラー、触媒…1万円

ドアロック、パワーウィンドウ…2000円/1個

ライト…5000円

ラジエーター…5000円

コンデンサー…10000円

オルタネータ…8000円

エンジン…120000円

ミッション…100000円

などなど上記はほんの一例ですがまだまだ使える部品はたくさんあり需要を高いのです。これらを逆算するとスクラップとして廃車するよりもリサイクルとして廃車したほうが断然高く売れるのは一目瞭然です。

 

ですから古くなったからだとか壊れたからという理由で廃車と決めつけるのは大きな損失につながりますので廃車の売り先を間違えないようにしましょう。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧