熊本 廃車 買取

熊本で廃車を高く売るならココだ!!

軽自動車は10年たつと売れない??

軽自動車の総額と道具の調整

車種が売れないと言われているこのご時世。ニューモデル販売台数もハイブリッドを除くという年々減算傾向だ。。。ただし軽自動車は銘銘だ。どうしても受領費の安さが魅力ですから売上は好調を保っている。そんな軽自動車も売上に比例するかのようにニューモデル価格も年々上がっています。その理由に燃費の向上や道具のてんこ盛りさがあげられます。ひと昔前の軽自動車では考えられないほどの道具の良さです。

年々軽自動車の誘惑が登る内側、ユースドカーマーケットはどうでしょう?旧式図案では華奢キーは装備されていなく、古めかしいデーターのナビでは使い物になりません。その反響もあり、軽自動車のユースドカー市価は逆に落ちていくばかりです。。。『ユースドカーで軽自動車を貰うからには、単価をさっと上げてニューモデルをもらえ!』と言われるほどの市価は現在はありません。

1998年齢に軽自動車の性能が修正されてからワゴンR、ムーブ、一生の売上数量は驚異的なものがありました。それまで軽自動車=小さいという概念が無くなり、軽自動車も幅広いという雰囲気が定着しました。バリエーションによっては当時では珍しかった席記録、コラムATの設置もあり再度販売台数が伸びました。

↑これらの軽ワゴンはユースドカー市場でも大活躍し、ニューモデル総額と変わらないほどで市場に出回り、ユースドカー店の主力となっていました。これらの図案はマイナー修正を繰り返しながらも約10通年フルモデルチェンジをせずに販売され、現在では異例の発売タームでした。
古くても軽自動車が売り払えるタイミング

2003年齢ほどから各クリエイターがフルモデルチェンジをし、ますますクリエイター同士のコンペが激化し始めました。

これらの第2年頃軽ワゴンは現在でもユースドカー市場でも手広く見られ丈夫で頑張っていますね。車として所有されている読者も多いことと思います。但し、後でモデルチェンジの時期が早まり、ニューモデルの増大、道具や燃費などの不同が出始めることとなりました。また歴史は10年齢限り経ってある車種が多く無論走行距離もそれなりに走って、内外層の劣化も進んでいます。昨今これらの車種を買取りに出しても売れないのではないでしょうか。。。

『ワン飼主で走行距離が早く、セキュリティ車種だ』とアピールしても今の軽自動車にはとうてい太刀打ちできません。まずは今現在これらの車種が競売でいくらくらいで取引されているのか見てみましょう。(隠し立て)

某競売球場を通じて最新の落札確認だ。年式はH15年齢程度だ。階級走行距離は8万~9万kmですね。ほとんどが不運車種(R条目)だ。気になる落札総額は3万円ほどか。。。と思いきや、6万2千円、6万4千円、7万円、10万円!10万2千円!!といった意外なほどに高いのです!!

これといったセールスポイントがないものの、これほどの金額が張り付くのであれば廃車とお考えの読者も買取裁断に押し出す甲斐ありですね。勿論売り渡すタイミングやタイミングも関係があります。ユースドカー市場では4月~5月はよく実践がありません。年の暮れに車種の売却が集中し初めて落ち着くタイミングでもあります。6月以降にエアコンの傷やオーバーヒートなど傷が頻出するタイミングに対してユースドカーマーケットが活発になるタイミングでもあります。6月は車種が売れないというタイミングは本当は仕入れタイミングという感想もあるのです。そういったタイミングに買取に出せば勿論今まで以上の割高裁断は間違いありません。

 

 

未分類